MONOTONEMONOTONE

「ベイクドカラー」コーデで
始まる秋カジュアル

この秋冬を代表するマストハブなトレンドキーワードの一つが「ベイクドカラー」。ベイクドカラーとは「ベイクド=焼く」という意味の通り、焼き菓子のような深みのあるくすんだカラーのこと。ワントーンコーデから、ベイクドカラー同士の組み合わせ術まで、今シーズンらしいベイクドカラーの取り入れ方をご紹介します!

  1. 01:ベイクドカラー初心者にオススメ!1枚で様になる、トレンチシャツワンピ

    01ベイクドカラー初心者にオススメ!
    1枚で様になる、トレンチシャツワンピ

    何を買おうか迷っている人には、1枚でベイクドカラーの魅力が堪能できるトレンチシャツワンピがオススメ。秋の始まりには、ライトアウターのトレンチコートとしてさらりと羽織るだけでなく、前を閉めてトレンチデザインのシャツワンピとして着こなすことも可能。1枚でコーデが完成するシャツワンピなら、様々なシーンで楽しめます。
    温かみのあるベイクドベージュカラーのシャツワンピは、ブラックのショートブーツを合わせて。膨張しがちな着こなしをキリリと引き締めてくれる組み合わせです。

  2. 02:温かみのあるベイクドブラウンカラーは色の濃淡を意識してメリハリをつけて

    02温かみのあるベイクドブラウンカラーは
    色の濃淡を意識してメリハリをつけて

    ブラウンやキャメルといった秋冬カラーは、肌になじみやすい色なので普段、色を着ない人も取り入れやすいカラー。カジュアルに見えやすい色でもありますが、ベイクドカラーを選ぶことで、大人でシックな印象に。
    なかでもオススメは艶やかな光沢があるサテン素材のプリーツスカート。動くたびに揺れるアコーディオンプリーツが大人の女性ならではの美しさを引き出してくれるアイテムです。
    合わせるトップスはスカートよりもワントーン濃い色をボトムにインしてコンパクトな上半身を演出。濃淡のメリハリをつけたコーディネイトが軽やかなプリーツスカートの動きをより鮮やかに印象付けます。

  3. 03:深みのあるチョコレートカラーはニュートラルなベージュで軽やかさを演出

    03深みのあるチョコレートカラーは
    ニュートラルなベージュで軽やかさを演出

    ベイクドカラーの代表格・チョコレートブラウンは、深みのある色合いが印象的です。ライトアウターとしても使えるビッグシルエットのウールシャツは、ニュートラルカラーのベージュボトムで軽さを出して。色の濃淡を上手に取り入れて着こなしにメリハリをつけることがベイクドカラーの攻略術です。
    ひざ下丈のスカートは、この秋、人気が再燃のロングブーツと合わせるのもポイントです。

  4. 04:クールなベイクドブルーはコーデの引き締め役に最適

    04クールなベイクドブルーは
    コーデの引き締め役に最適

    くすんだ色合いのベイクドブルーはクールな印象。凛としたかっこよさが魅力です。ベイクドブルーのトップスを取り入れた着こなしは、フェイクレザースカートを合わせた辛口コーデでかっこよさを極めて。トップスインしてウエストラインを強調したハイウエストデザインのフレアスカートでさりげなく女性らしさを添えてくれます。かっこよく女性らしい着こなしを目指しましょう。

  5. 05:上品でマイルドなベージュは

    05上品でマイルドなベージュは
    遊び心のあるデザインで旬顔に

    どんな色と組み合わせてもマイルドな着こなしに見せてくれるベージュは、ベイクドカラー同士の配色コーデにも役立つこと間違いなし。皆さんのワードローブにもベーシックなベージュはすでにたくさんあるはず。それなら、この秋狙うべきは、遊び心のあるデザイン。ボリューム袖が女性らしいギャザーネックブラウスは、デニム合わせのシンプルコーデでもたちまち旬の表情に。ボトムを選ばない幅の広さも魅力です。

くすんだ色合いのベイクドカラーは、普段カラーコーデが苦手な人も取り入れやすいカラートーン。この秋は、大人っぽいくすみ色を駆使して、秋らしさを楽しみましょう。